総量規制対象の仕組みと借入限度額について

総量規制は、2010年に貸金業法の中で新しく施工された法律です。お金を借りたい人が自身の返済能力に見合わない借入ができないよう、また貸金業者側が過剰な貸付を行わないようにするために定められました。総量規制によって、基本的に年収の3分の1を超える借入は不可能です。しかし、この借入額の計算に含まれるものには、総量規制対象となるものとそうでないものがあります。
まず、総量規制対象となる借入れについてですが、消費者金融やクレジット会社、信販会社から提供されるキャッシング等が対象となります。消費者金融等は貸金業法を守って営利活動を行う必要があるためで、規制範囲の内側です。
一方、総量規制には例外貸付と除外貸付という規定が設けられており、例えば車や住宅のローンは総量規制と言われているものではない融資となっています。そのほかにも、高額な医療費の貸付や有価証券担保の借入なども含まれています。
ですから、総量規制にしたがって、借入限度額を計算する際には、規制の対象外となっているローンなどを除いて計算する必要があります。例えば年収が600万円で、消費者金融など規制対象となる借入が100万円ある場合、新たに可能な借入額は100万円となります。
また、必ず審査を通過できるわけではありませんが、規制対象となる借入であっても、緊急で必要となった医療費の借入などは総量規制の計算に含めなくて良い場合もあります。どうしてもお金が必要な場合は、貸金業法が適用されない銀行系のキャッシングを利用するのも一つの手段です。