借り入れの在籍確認の電話は会社にバレる可能性がある?

カードローンを利用する時に気になる「在籍確認」ですが、その最たる理由は「在籍確認によって会社(同僚)に借り入れを知られてしまうのではないか」という点です。銀行から借り入れをするのであればそれほど大きな不安を感じることは少ないのですが、借り入れ先が消費者金融であれば大きな不安になってしまいます。

その為、「在籍確認なしで借り入れできる方法はないのか」という考えに至ってしまうこともあるのですが、その判断は非常に大きな危険を伴っています。そもそも在籍確認とは「申込者の属性を正確に評価する」という目的で行われるものであり、これによって「間違いなく返済能力がある」という担保を得ることでカードローン会社は貸し付けを行います。もしも確認が取れなかった場合、返済能力がない可能性がある、虚偽の申告をしている可能性があるという理由から融資を断られてしまうことも考えられます。

しかし、現状に関しての話をすれば「在籍確認で借金の存在が知られてしまうリスクは非常に低い」と言えます。もちろん可能性は0ではありませんが、少なくともそういった不安・ストレスを感じている希望者が多いことはカードローン会社も把握しているので、出来る限りそれらを解消出来るような対応を心掛けています。

結論を言えば、可能性は間違いなくあるということで良いでしょう。ただ、その可能性は決して高いものではありませんし、そうならないように様々な工夫・努力をカードローン会社はしています。
参照サイト